実家が貧乏で貧乏生活がもう嫌なのです

親が離婚をし、母親のほうについていったのですが、子供の意思など参考にされませんでしたので、昔の生活から一転日々暮らすことにも苦労するようになりました。
母親もそれをわかっていますので、家庭がどんよりしていますし、必要なお金もなく困っています。
田舎に引っ越してしまいましたので、親の給料は十三万円あればよいほうですし、車必須の社会ですので維持費もかかります。
家賃や食費は安いのですが、ガソリン代は全国で大体同じですので田舎の生活を圧迫するくらいの勢いです。
毎日毎日お金ほしいなぁお金足りないなぁと思い暮らす日々です。
大人になったら働いて親を少しでも楽させたいのですが、今の段階でもなるだけ楽にさせてあげたいと思うのです。
それにはやはりお金が必要なのです。
離婚して地元に帰ったことで、母親の親戚からは「なぜ生活に耐えられなかったのだ、耐えてこそ夫婦ではないか」という話をされ、頼ることもできな状況です。
妹も進学を控えています。
妹には苦労をさせたくないのです。
親も同じ気持ちでいるのですが、苦労をさせないためにはお金が必要なのです。
行き着くところはやはりお金になってしまいます。
宝くじでも当たればなぁと思うのですがそもそも購入する資金もありませんし、考えるだけムダです。
毎日食べるものも苦労しています。
最近はおからばかりを食べています。
確かに腹は膨れますしおいしいのですが、私も妹ももっとよいものを食べたいと思ってしまうのです。
そんなことを思ってはいけないのでしょうが、テレビなどでおいしそうな料理がでてくると、その味の想像もつきませんし、多分一生食べることのない横文字のメニューなどを見て思いをはせています。
たまにでいいから、ハンバーグを食べたいと思ってしまいます。
父親がまだ生きているので、お金を借りることができるのであれば父から借りたいのですが、父の不倫が原因で離婚をしているので、それもいかなさそうです。
http://www.yasuda-group.com/

カテゴリー: 未分類 | タグ: | 実家が貧乏で貧乏生活がもう嫌なのです はコメントを受け付けていません。

お金がほしいのは、どうしてもそこの現場に行かなきゃいけないとき…

どうしても、這ってでもそこの現場に行かなきゃいけないときに、お金が捻出できないと、相当つらい物があります。
人間だから誰しも体の調子が悪いときがあります。
そういうときでも、そこの現場に行かなきゃいけないときがありますから、ホントだったらタクシー使いたいくらいでも、なかなか全部自分でやると言うことで、しんどいですよね。

働いている人がよく経験する、遅刻寸前で、早く!とにかく!一刻も早く!そこに行かなくてはいけないときとか、私なんか、赤字覚悟でタクシー乗り継いで行きましたもん。
超悲しかったですよ…大雨はすごい朝から降ってたし…

でも、働いた分がパーになっても、そこにどうしてもいなきゃいけなかったので、あの時は仕方がなかったです。
そのときには運が悪いことに、金欠病だったりして、帰りの交通費までカードのキャッシングでまかなったりとかしました。
すぐに、翌月返済できましたけど…

お金があってもなくても、仕事がつまっていたら行かなきゃならないときに、豪雪だったりとか、どしゃ降りのゲリラ豪雨だったりすると、お金の支出の予定は大きく狂いますからね… みんな、多かれ少なかれ、仕事が詰まっている人は経験していると思います。
交通費、ですよね。やっぱり…

http://xn--n8jlgo1bi5vt03tocvh.net/

カテゴリー: 未分類 | タグ: , | お金がほしいのは、どうしてもそこの現場に行かなきゃいけないとき… はコメントを受け付けていません。

借りる前に計算を

お金を借りる前には、何らかの方法で利息を計算しておくといいでしょう。
利息を計算することによって、返済する金額を知ることができます。
安くお金を借りるキャッシング

返済する金額を把握しておくことによって、もう少し早い段階で返済すればいいとか、借りる日数を減らすための努力も可能となります。
どのため返済に必要な利息を知っておくことはとても重要なことといえるのです。

最近はキャッシング会社のホームページに、返済シミュレーションが置いてあるので、それを利用すれば楽に計算できますよ。

カテゴリー: 未分類 | タグ: | 借りる前に計算を はコメントを受け付けていません。

自分のお金であって自分のお金ではないお金の価値観

<明日お金が必要なときにすぐ借りれるカードローン(http://xn--t8je3757aeef3fw03rsfm.net/)>

子育て真っ最中の専業主婦である私は毎月主人からお給料を振り込んでもらって日々生活が成り立っています。

夫婦は対等で私が育児と家事、主人は仕事とできる時に家事・育児という感じと頭ではわかっているのですが、やはりお財布に入っているお金や通帳に入っているお金には自分のお金であって自分のお金ではない感を感じてしまいます。

お金が貯まっても、どこか自分の心から自由に使える感がないというか・・・特に主人はうるさくは言わないので私的には自由の身であるはずなのですが、自分のものをたくさん購入すると罪悪感を感じてしまう感じではあります。

やはり働く女性の場合だと働いて自分で得ているお金という感じが半端なく感じられるので、お金の面ではやはり専業主婦は悲しい現実を感じてしまうところは否めないと思うのです。

しかし、かわいらしい自分の子供を育てている間もサラリーマンの場合だと第3号として年金がもらえる権利も与えられるという利点も女性にはあるので、女性の場合はお得なのかもとも感じます。

カテゴリー: 未分類 | タグ: | 自分のお金であって自分のお金ではないお金の価値観 はコメントを受け付けていません。

ジュエリーショップで欲しい指輪を見た時母に借りるお金

私はOLの時に自分で指輪を初めて買ったときに、気分がすっきりしたのを覚えています。それ以来、何か強いストレスがあったりするとネットでジュエリーを買うことがあります。

友人に買い物依存症だといわれたこともありました。でも買い物依存症ほどひどくないです。むしろ18金などの指輪は財産的価値があるからいいような気がします。

ネットで買うときはカードで買う主義ですが、近所のジュエリーショップでセールをしているときは現金で買う主義です。カードを持ち歩かない主義なのです。リアル店舗では絶対にクレジットカードは使わないと決めています。

でも近所のジュエリーショップで欲しい指輪があったときは、お金が足りなくて困ったことがありました。

それに日曜に銀行からお金を借りる(総量規制対象外ですが・・・)と手数料がかかるのでおろしたくないのです。そんな時は、近所に住む実家の母にお金を借りに行きます。

実家の母もダイヤモンドが好きなので、私がジュエリーを買うと貸して欲しいということがありますので、気楽にお金を貸してくれます。

カテゴリー: 未分類 | タグ: | ジュエリーショップで欲しい指輪を見た時母に借りるお金 はコメントを受け付けていません。

お金を借りる理由と借入先・・・金利の低いカードローン

お金を借りる人のほとんどがお金の足りない状態であるが、最近では不景気の影響でお金を借りる理由に関して、生活費の補填のために借りている人が多いです。遊びや買い物でお金を借りても、収入の関係で将来はお金を返す事ができない可能性も高い事で、生活費などの必要最低限のお金を借りる人が多くなっています。特に最近では収入が減少していたり、金利の関係で消費者金融からお金を借りる人が減っています。

私のお金の借入先として、消費者金融から借りたり、カードローンとしての形式で銀行から借ります。しかし、金利がある程度かかるので、収入が安定していないと消費者金融から借りないのです。銀行なら比較的金利が低いです。(参考:金利の低いローン

私は、職を得てない場合でお金を持っていない場合に、仕事に就いていないなどの理由がある場合は、親戚や知り合いなどからお金を借りて、口約束でお金を返済する時期を決めます。近い将来ちゃんと職を得ることができれば返せるが、職を得ないと親戚などとの人間関係が悪くなるので早く就職を決めます。

カテゴリー: 未分類 | タグ: | お金を借りる理由と借入先・・・金利の低いカードローン はコメントを受け付けていません。

私がATMを利用する際に困ったのが小銭の入金でした

社会人や現代人ならばATMが無い事には不便を感じてしまうこの時代ですので、私も頻繁にATMを利用しています。

ATMを利用する上で最高に不便だった体験が、小銭の入金でした。

札のお金以外である硬貨を入金できるATMにて硬貨を投入しようとしたところ、硬貨投入口が一本線の狭い投入口だったのです。

自動販売機のように硬貨を一枚一枚入れるタイプの投入口でした。

私は自宅にて貯まってしまった硬貨を一気に預金したかったので、一枚一枚入れなければならないこの作業には骨が折れました。

しかも、とろとろと入金をしているとピーと音が鳴り硬貨入金を中止されてしまうのです。

しかも、それまでに入金していた硬貨は最初からやり直しとなってしまいます。

そのためにピーと鳴らない内にいかに大量の硬貨を入れられるか、といった勝負事のようになり、必死に硬貨を入れ続けました。

結局、硬貨の入金にはこりごりとなりそれ以降は一度も硬貨入金をしていません。

カテゴリー: 未分類 | 私がATMを利用する際に困ったのが小銭の入金でした はコメントを受け付けていません。